宇宙の衝突が暗闇を照らす
Cosmic collision lights up the darkness

ほ座の約1億光年にある NGC 3256 は、我々のミルキーウェイとほぼ同じ大きさであり、ヒドラ・ケンタウルス超銀河団に属している。それは、今日も NGC 3256 を構成している二つの銀河達の間の最初の遭遇の、5億年前に形成されたと考えられる、銀河の周りに巻き付いている引き伸ばされた明るい尾の中にその騒がしい過去の印を持っている。これらの尾は、半狂乱であるが豊かなガスとダストの衝突で生まれた、若く青い星達によって散りばめられた。

二つの銀河が併合するとき、個々の星達は大きな距離に離れているので滅多に衝突することはないが、銀河達のガスとダストは衝突して壮観な結果をもたらす。この NGC 3256 の中央に花咲く明るさは、グループ達と集団達に生まれた膨大な幼児の星達を有する、強力な星爆発的形成銀河としての正体を表している。これらの星達は、この波長領域で非常に明るく、 NGC 3256 を遠赤外線で最も明るく輝かせる。この放射線の故に、それは 高光度赤外線銀河(Luminous Infrared Galaxy) に分類される。

NGC 3256 は、その光度、その近さ、天文学者達が全ての輝きのディスクを観測できるフェースオンの方向性のために多くの調査の主題になってきた。 NGC 3256 は、銀河の融合によって引き起こされた、星の爆発的形成を調査するための理想的なターゲットを提供している。それは、潮力の尾における若い星達の集団の特性の我々の理解を促進するための特別な約束を保持している。

この NGC 3256 の中央領域は、 1,000 を超える明るい星達の集団によって照らされているとともに、また、最初の二つの銀河達の名残でもあり、二つの異なる核のまわりを回転する暗いダストの縞の横断と分子のガスの大きなディスクのホームでもある。一つの核は大きく隠され、赤外線、電波、X線波長でのみ明らかにされる。

これらの二つの最初の銀河達は、ガスに富み、それらが互いにほぼ等しい影響を及ぼしあったように思われ、類似した質量を持っていた。それらの渦巻のディスクは数百万年で最早明瞭でなく、恐らく二つの銀河達は核も併合し、大きな楕円銀河として結合するだろう。

この NGC 3256 は、2008年4月24日のハッブルの18回目の記念日に、銀河達の併合の59のイメージの大きなコレクションの一部として、NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡によって、より少ないフィルターで撮られたイメージとして以前に発表された。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

May 31, 2018    


戻る