天文学者達、近隣銀河達の最も完全な紫外線光調査を発表する
Astronomers Release Most Complete Ultraviolet-Light Survey of Nearby Galaxies

宇宙の光の多くは星達から来るが星の形成は依然として天文学の苛立たしい疑問である。

天文学者達は、星の誕生のより完全な写真をつなぎ合わせ、我々の宇宙の背景の銀河達の星の構成を見るためにハッブル宇宙望遠鏡を使った。このローカルの宇宙の50の銀河達の調査は、超銀河紫外線調査遺産(LEGUS:Legacy ExtraGalactic UV Survey)と呼ばれる、星を形成する近くの銀河達の、最も鋭い、最も広範囲な紫外線光の観察である。

この LEGUS 調査では、新しいハッブル観測と、星形成渦巻と矮小銀河達の星の構成と銀河の進化の複雑さを理解するための価値ある資源を提供する、ハッブル目録イメージとを結合している。これらのカタログは、若い大規模な星達と星の集団の発展に、それらの環境がどのように影響を及ぼしているかに関する詳細な情報を提供している。

おとめ座の銀河達の集団と我々の間に延びるローカルな宇宙は、天文学者達が十分な銀河達のサンプルを集め、またハッブルが個々に解読できる地球近傍にあるので、研究にとっては理想的である。この調査は、また、天文学者達が急速な星形成が起こった遠い宇宙の銀河達を理解するのにも役立つだろう。

大判はイメージをクリック。個々の銀河の詳細なイメージは こちら から。

May 17, 2018    


戻る