ハッブル、古代の球状星団に対する初めての正確な距離を測定する
Hubble Makes the First Precise Distance Measurement to an Ancient Globular Star Cluster

洗練された星の物差し、天文学者達が星の進化のモデルを改善するのに役立つ

これまで、天文学者達には、我々の世界の最も古いオブジェクト、球状星団と呼ばれる我々の銀河のディスクの外の星達の古代の群れまでの距離を計るための正確な方法がなかった。

我々のミルキーウェイ銀河の球状星団までの推定される距離は、ローカルな星達の明るさと色の観測を理論的なモデルと比較することによって行われた。しかし、これらの予想の正確さは、10パーセントから20パーセントの不確実性で変化する。

天文学者達は、NASAのハッブル宇宙望遠鏡を使って NGC 6397 までの正確な距離を測るために、地上の測量士達が使う三角法(いわゆる三角測量)と同じ種類を使った。唯一の違いは、ハッブルのカメラで測定される角度が、地球の測量士達の標準より微小であることである。

この新しい測定は、集団の距離を3パーセントの許容誤差で 7,800 光年とセットし、宇宙の年齢の独立した見積りを提供している。ハッブル天文学者達は NGC 6397 が134億年であり、ビッグバン後間もなく形成されたと計算した。この新しい測定は、また、天文学者達が星の進化のモデルを改善するのに役立つだろう。

大判はイメージをクリック。

April 04, 2018    


戻る