ハッブルの宇宙の灯台銀河
Hubble's Galaxy Full of Cosmic Lighthouses

この魅惑的な渦巻銀河はおおくま座に発見することができる。星が散りばめられた NGC 3972 は、我々が今見る光が恐竜が絶滅した 6500 万年前に放たれたことを意味する、地球から約 6500 万光年に横たわっている。

NGC 3972 は劇的な出来事を持ってきた。2011年に、天文学者達は、この銀河に、このイメージには見えない、タイプⅠa超新星の爆発を観測した。これらのまばゆいオブジェクトは全て同じ明るさでピークに達し、遠くから見るのに十分な輝きである。

NGC 3972 には、また、ケフェウス型変光星と呼ばれる多くの脈動する星達を含んでいる。これらの星達は、彼らを比較的近くの銀河達までの正確な距離を測定するための理想的な宇宙の灯台にして、それらの固有の光度と密接に一致する割合で、それらの明るさを変化させている。

天文学者達は、また、タイプⅠa超新星を含む近くの銀河達にケフェウス型変光星を捜し、二つのタイプの星達の正確な明るさを比較することができる。その明るさの情報は、遠く離れた銀河達のタイプⅠa超新星の光度を調整するために使うことができ、従って、天文学者達は地球から銀河達の距離を計算することができる。天文学者達が近くのまた遠くの銀河達までの正確な距離を知ることができれば、彼らは宇宙の膨張割合を判定し、純化することができる。

このイメージは、宇宙の膨張割合を記述するハッブル定数の精度を改善する計画の一部として、2015年にハッブルの広視野カメラ3でとられた。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Mar 10, 2018    


戻る