ハッブルのバーのある急成長する渦巻銀河
Hubble’s Barred and Booming Spiral Galaxy

NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3(WFC3)によって捕えられたこのイメージは、 UGC 6093 と呼ばれる銀河を示している。 UGC 6093 は、容易に見られるように、ある意味では棒渦巻銀河として知られている。それは銀河の中央を切るバー(棒)からの渦巻く美しいアームを持っている。それは素材が超巨大ブラックホールの方へ引かれる銀河中央のコンパクトな領域、活動銀河核(AGN)を有する活動的な銀河に分類される。このブラックホールは周囲の物質をむさぼり、明るく輝く原因となる激しい放射線を発する。

しかし UGC 6093 は更にエキゾチックである。この銀河は、基本的に巨大な天文レーザーの働きをする。それはまた目に見えないマイクロウェーブ波長の光を噴き出す。この種のオブジェクトはメガメーザー(megamaser)と呼ばれる。 UGC 6093 のようなメガメーザーは、ミルキーウェイのような銀河達に発見されるメーザーより約1億倍ほど明るいだろう。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Jan 05, 2018    


戻る