ハッブルの休日の星雲の「飾り」
Hubble's Holiday Nebula “Ornament”

ハッブル宇宙望遠鏡は宇宙におけるカラフルな休日の飾りのように見えるものを捕えた。これは実際には NGC 6326 、その生命の終わりに近づいている中央の星によって照らされている、ガスを流出する、輝く断片を持つ惑星状星雲のイメージである。

星が年を経て、その赤色巨星の生命のフェーズが終わるとき、それは、熱いコンパクトな白色矮星を残して、その表面からガスの層を放出し始める。ある時は、この放出は輝くガスのエレガントな対称形のパターンに帰結するが、 NGC 6326 はまだ構築されたばかりである。このオブジェクトは、さいだん座の地球から約 11,000 光年にある。

惑星状星雲は、水素とヘリウムより重い元素が星達の中心でつくられた後宇宙にまき散らされる、主な方法の一つである。この投げ飛ばされた素材のあるものは、最終的に新しい星や惑星になるかもしれない。

この写真はハッブル宇宙望遠鏡の広域惑星カメラ2を使ってとられたイメージからつくられた。鮮やかな青と赤は、未だ熱い中央の星からの激しい紫外線放射の働きの下で輝く、イオン化された酸素と水素を含む素材から来ている。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Dec 22, 2017    


戻る