ハッブル、爆発する銀河をとる
Hubble Frames an Explosive Galaxy

馬鹿にしてはいけない! このNASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡イメージの星達の宇宙の渦は、穏やかで気取らないように見えるかもしれない。しかし、この ESO 580-49 と呼ばれる渦巻銀河は、実際にはある一触即発の傾向を示している。

2011年10月、 ESO 580-49 を含む空の領域から来る、ガンマ線爆発(GRB:gamma ray burst)として知られる高エネルギーガンマ線放射の破壊的な爆発が検出された。天文学者達は、二つの間の偶然の配列のチャンスがおおよそ一千万分の一であるこの銀河が、このGRBのホストであったと考えている。地球から約1億 8500 万光年にあるそれは、これまでに検出された2番目に近いガンマ線爆発(GRB)であった。

ガンマ線爆発は宇宙で最も明るい出来事の一つであり、時折は数秒間、全ての観測できる宇宙全体のガンマ線出力より輝く。 恐らく GRB 111005A としてカタログ化されたこの銀河の中で起きたGRBの正確な原因はミステリーのまま残っている。GRBで導かれるいくつかの出来事は知られているが、このケースでは、これらの説明の何れも適合するようには見えない。したがって、天文学者達は、 ESO 580-49 が、まだ性格付けされていない新型のGRB爆発を開いたと提起した。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Dec 08, 2017    


戻る