ハッブルの天文学者達、白色矮星の質量を測るための相対性実験の新しい用途を開発する
Hubble Astronomers Develop a New Use for a Century-Old Relativity Experiment to Measure a White Dwarf’s Mass

白色矮星、重力がどのように星明りを曲げることができるかを示す。

アルバート・アインシュタインは宇宙の構造の我々の理解の新生面を開いた。1915年の彼の一般相対性理論において、彼は、大規模なオブジェクトが重力の影響によって宇宙を歪めるという革命的な考えを提起した。それまではアイザック・ニュートンの2世紀前の重力の理論が支配的であった。アインシュタインの理論は、英国の天文学者が導くチームによって、4年後に、日食の間に太陽の重力が背景の星のイメージをどの位逸らすかを測定して実験的に確かめられた。しかしながら、天文学者達は、我々の太陽系の外の星に起因するこの重力の歪みの現象を検出するのに十分強力な望遠鏡を造るために、一世紀待たなければならなかった。その偏りの量は、ハッブルの先鋭さのみがそれを測定可能にするほど非常に小さかった。

ハッブルは、背景の星の前を通過する近くの白色矮星 Stein 2051 B を観測した。接近した配列の間、白色矮星の重力は、遠い星からの光をその実際の位置から約2ミリアーク秒曲げた。この偏りは小さく、 2,400 キロメートルの距離から一匹の蟻の動きを観測するのに等しい。

大判はイメージをクリック。

June 07, 2017    


戻る