天文台、蟹星雲の亀裂を開くために結合する
Observatories Combine to Crack Open the Crab Nebula

カラフルな新しいポートレイトが、超新星の残骸に埋められているエネルギーに満ちた詳細を示している。西暦1054年の夏、中国の天文学者達が、金星より6倍明るく見えた新しい「客星(guest star)」を見た。実際に大層明るく、それは数ヶ月間昼間にも見られたかもしれない。世界を半分周って、アメリカインディアン達が、超新星の記録であったかもしれないと思われる、明るい近くの星の三日月の絵文字をつくった。

この「客星」は、後に、望遠鏡の出現まで、約700年忘れられた。天文学者達は消滅した星の代わりに触手状の星雲を見て蟹星雲と呼んだ。今日、我々は、それが、4億の太陽と同じくらい明るく短く輝く、超新星として自己爆発した星から拡大するガスの残骸として知っている。この爆発は 6,500 光年離れて起こった。もしこの爆発が代わりに50光年離れて起こったならば、それは地球を照射し、大部分の生命形を消した。

1960年代後期に、天文学者達は、星雲にエネルギーを与える激しい磁場と放射線の発電機である超高密の中性子星、この運命付けられた星の押しつぶされたハートを発見した。したがって、天文学者は、X線から電波まで、電磁放射の幅広い視界全体の蟹星雲を研究する必要がある。五つの天文台からのこの合成は、この超新星の残骸の複雑さを捕えている。

大判はイメージをクリック。ビデオは こちら から。

May 10, 2017    


戻る