多くの銀河達、NASAのハッブルの視界での監視を必要とする
A Lot of Galaxies Need Guarding in This NASA Hubble View

アニメーション(時間が掛かります)
初期宇宙の遠い銀河を調査するために利用される大規模な銀河集団のパワー

NASAのハッブル宇宙望遠鏡は、特に、時間と宇宙の全体にわたって銀河達を観測するときに、いくつかの驚くべきスーパーパワーを持っている。ひとつの驚くような例が銀河の集団 Abell 370 であり、それは、重力の相互の力によって結びつけられた、数百の銀河達の広大な取り合わせを含んでいる。それは、多くの銀河達の防護であり、まさに一つの集団である! 可視光線と近赤外線の光の結合で撮られたこの巨大な集団は、銀河の形態達の豊かな混合である。 銀河達の間に巻き込まれているのは神秘的な青い色の光の弧である。これらは、実際には、集団の背後の遠い銀河達の歪められたイメージである。これらの遠く離れた銀河は、ハッブルが直接見るにはあまりに幽かに過ぎる。その代わりに、この集団の重力が宇宙で巨大なレンズの働きをし、ファンハウス(ビックリハウス)の鏡のように背景の銀河達のイメージを拡大して引き伸ばす。 Abell 370 は海の怪物くじら座の約40億光年にある。それは、大規模な銀河集団のパワーを利用して銀河の発展の最も初期の段階を徹底調査した、NASAの大天文台その他の望遠鏡達の野心的な共同、フロンティア・フィールド・プロジェクトの、最近調査を終えたイメージ撮影の、六つの銀河集団達の最後である。

大判はイメージをクリック。

May 04, 2017    


戻る