ハッブル、宇宙の慣例に逆らう二つの相互作用する銀河達を見る
Hubble Spots Two Interacting Galaxies Defying Cosmic Convention

ある銀河は分類するのが難しい。ここでは、ハッブルの信頼できる広視野カメラ3(WFC3)が、しし座の約 6000 万光年にある二つの相互作用する銀河達の印象的な視界を捕えている。フレームの右側をカバーしている広がった斑の青い輝きは NGC 3447 として知られている。 NGC 3447 の名は全体的な二つに適用できるために、ある時は明快さのための NGC 3447B と呼ばれる。左上のより小さな塊りは NGC 3447A として知られている。

我々は、全体としての NGC 3447 が二つの相互作用している銀河達から成ることを知っているが、我々は、お互いを引きちぎり始める前にどのようであったかを確信していない。この二つは、ここに見られるように、銀河達が捩じられ、異常なまたユニークな形になるほど、重力によって強く影響される近さにある。 NGC 3447A は、渦巻銀河達に特有な二つの特性、中央のバー構造と、いくつかの崩壊した渦巻の腕の残骸を表しているように見える。あるものは NGC 3447B を以前の渦巻銀河として認め、一方、他は、それを不規則銀河に分類している。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

March 24, 2017    


戻る