走り去る星のハッブルの発見、多重星システムの崩壊に手掛かりを与える
Hubble Discovery of Runaway Star Yields Clues to Breakup of Multiple-Star System

オリオン星雲の中央のこの劇的な視界は、今、消滅した多重星システムのメンバーであった三つの高速な、気まぐれな星達のホームを明らかにしている。この星のグループは、彼らの誕生の地から三つの星達を投げ出し、500年以前に崩壊した。

NASAのハッブル宇宙望遠鏡でとられたこのイメージは、高度調査カメラ(掃天観測用高性能カメラ)による可視光線と、広視野カメラ3(Wide Field Camera 3)でとられた近赤外線光による観測とを結合している。トラペジューム集団と呼ばれる大きな若い星達のグループがイメージの中心にある。数百の星達がイメージの中にまかれている。それらの多くは光がダストによってまき散らされているので赤く見える。

トラペジューム集団の上のボックスは三つの星達の位置の概略を示している。これらの星達のハッブルのクローズアップが右上に示されている。マルチスターシステムの誕生地は「initial position(最初の位置)」として記されている。BN(Becklin-Neugebauer)とI(source I)とラベルが付されたこれらの星達の二つは数十年前に発見された。 Iは厚いダストに埋められて見ることはできない。右下の差込みイメージに示すように、1998~2015年の間に第3の星x(source x)が顕著に動いたことが最近発見された。xは時速 208,000 キロメートルの異常に高い速度で旅しており、それはこの星雲の大部分の星達の速度より30倍速い。

天文学者達は、2015年に広視野カメラ3によってとられたものと、1998年に近赤外線カメラとマルチオブジェクト分光計によってとられた観測とを比較することによって高速なxを発見した。ハッブルのxの高速の発見は、これらの星達BNとIがどのようにそれらの速い動きを取得したかという長年の神秘を天文学者達が解くのに役立った。

大判はイメージをクリック。

March 17, 2017    


戻る