ハッブル、超巨星のホームで洗練する
Hubble Hones In on a Hypergiant's Home

この美しいハッブル・イメージは、ウエスターランド1(Westerlund 1)として知られる我々のミルキーウェイから15,000光年にある、これまでに発見された最大の星達のホーム、若いスーパースター集団を明らかにしている。

星達は、彼らのスペクトルのタイプ、表面温度、光度によって分類される。集団を構成する星達を調査し分類している間に、天文学者達は、ウエスターランド1が一つの巨大な星のホームであることを発見した。当初ウエスターランド1-26と名付けられたこのモンスター星は、半径が我々の太陽の1,500倍以上の、時折超巨星に分類される赤色巨星である。もしウエスターランド1-26が我々の太陽系で我々の太陽のある位置に置かれたならば、それは木星の軌道を超えて広がるだろう。

大部分のウエスターランド1の星は、それらが同程度の年齢と組成を持っていることを意味する同じ爆発の活動でできたと考えられる。この集団は天文の言葉で比較的若い300万年程度であり、約46億年である我々の太陽と比較して未だ乳児である。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Mar 10, 2017    


戻る