LIGO と Virgo によって観測されたバイナリのブラックホール融合からの重力波
Gravitational waves from a binary black hole merger observed by LIGO and Virgo

此処に挙げてある内容は LIGO からの発表をベースにしています。ただし、この発表は非常に長文なので、ここでは要点のみ取り上げています。また、関連記事を末尾に示しますので参考にしてください。上の写真はイタリアの Virgo。

2017年9月27日:  LIGO 科学協同機構と Virgo 協同機構は、 LIGO と Virgo 探知器による重力波の初めての共同の検出を報告した。これはバイナリ・ブラックホール・システムの四回目の検出の発表であり、 Virgo 探知器によって記録された最初の明確な重力波信号であり、また、それは重力波探知器の三つの探知器ネットワークの科学的な可能性を照らし出している。この三つの探知器の観測は、国際時間2017年8月14日 10:30:43 (日本時間8月14日午後7時30分43秒)に行われた。米国科学財団(NSF)によって資金を供給されたルイジアナ州リビングストンとワシントン州ハンフォードの二つのレーザー干渉計重力波天文台(LIGO)探知器と、イタリア、ピサ近くの Virgo 探知器は、二つの星の質量のブラックホールの合併によってつくり出された一時的な重力波信号を検出した。 GW170814 と名付けられたこの出来事に関する論文はジャーナル・フィジカル・レビュー・レターズで発表された。

時空の波、この検出された重力波は、太陽の質量の約31倍と25倍の質量を持ち、約18億光年にある二つのブラックホールの融合の最後の瞬間に発せられた。新しくつくり出された回転しているブラックホールは、我々の太陽質量の53倍を持っており、約三つの太陽質量が、合併の間に、重力波エネルギーに変わったことを意味している。

<参考>----- 太陽質量は地球の約600倍超です。すなわちこのブラックホールの衝突で、地球1800個分超の質量が重力波エネルギーに代わったことになります。

これは Virgo と LIGO によるネットワーク観測の始まりである。重力波は、米国ルイジアナ州リビングストンの LIGO 検出器に最初に届き、ワシントン州ハンフォードの LIGO サイトに8ミリ秒後に、イタリア・ピサ市の近くにある VIRGO サイトには、リビングストンの14ミリ秒後に重力波が検出されました。この到達時刻のわずかな違いから、重力波の源の位置を、以前に比べてずっと正確に求めることができるようになりました。

    参考資料:
  1.   「ブラックホール合体をLIGOとVIRGOが初めて同時観測:ついに三点測量が可能に(日本語)」 --- 国立天文台
  2.  特集:「LIGO、3回目の重力波を捕える!」 --- 本サイト前回の記事
  3.  「今回の発表:記者会見ビデオ(Youtube)」
  4.  「ブラックホールの融合アニメーション(Youtube)」

大判はそれぞれのイメージをクリック。

Sept 30, 2017    


戻る