特集:2017.8.21 北米大陸皆既食横断

 

<注>: 以下の記事は適宜、追加、修正・変更を加えることがありますのでご承知おきください。

 

日食の経路(天候予測:大判はイメージをクリック)。
米国東部夏時間8月21日正午(日本時間8月22日曜日午前1時)ごろから主として北米大陸で皆既日食が予定されています。食の最大は米国大陸を抜ける30分ほど前、日本時間22日午前3時25分ごろの予定です。以下、関連記事とライブ中継の視聴に関して詳細を記載します。
なお、経路のビデオは こちら(Youtube) からご覧いただけます。

  1. NASAの中継は本サイトからも見ることができます。次のページから選択してご覧ください。

  2. NASA、8月21日の日食のテレビ放送を発表

    8月21日月曜日、北アメリカ全体が太陽の食を楽しむだろう、NASAテレビは、全国至る所の地上のユニークな視点から、また、国際宇宙ステーションを含む航空機や宇宙船から、ライブでそれを放送するだろう。放送は、アメリカの全域での4時間の食の間、NASAの目を通して、ライブで放送されるだろう。プログラムは、米国東部夏時間正午(日本時間8月22日曜日午前1時)サウスカロライナのチャールストンから開かれる予告のショーで始まる。 メインのショーは午後1時(日本時間午前2時)に始まり、オレゴンからサウスカロライナまで、米国を横断する食全体の通り道をカバーするだろう。この プログラムは、NASAの調査航空機、高高度の気球、衛星、特に改造された望遠鏡からの視界を特徴にするだろう。それは、また、オレゴン州セイラム、アイダホ(アイダホの滝)、ネブラスカ、ミズーリ、イリノイ、ケンタッキー、テネシーを含むチャールストンからのライブ・レポートを含むだろう。
    ニューヨークのタイムススクェアーの東芝ヴィジョンスクリーンは、食の大画面の視界を大衆に与えるために全ライブプログラム放送するだろう。タイムススクェアーの視聴者達は、大画面を観ている間に、NASAのアプリをダウンロードするか、または https://www.nasa.gov/eclipselive へアクセスすることによって、NASAの放送を聞くことができる。

     

    国際宇宙ステーションの経路
  3. 以下の何れか使ってNASAの生中継を捕えよう。

    Aug 14, 2017    


戻る